So-net無料ブログ作成
マイクロエース デキ&ヲキ・ヲキフ ブログトップ

マイクロエース デキ200に【ESU loksound 4.0 micro】を搭載してみる 後篇 [マイクロエース デキ&ヲキ・ヲキフ]

こんばんは。12月になって寒さも本格的になってきました。
週末には寒波の予報が・・・被害がでないといいですね。

いよいよというか・・・北斗星が来春で廃止との発表があったようですね。
残りあとわずかですが、無事故でラストを迎えてもらいたいですね。

さて、マイクロエースのデキ&デキ・ヲキフですが、なんとか作業完了てこんな感じになりました。

image-20141205190114.png

ヲキフの車掌室側とデキのヲキフとの連結用のカプラーですが、#903を使うことにしました。

image-20141205190221.png

今回は、こんな感じに薄いプラ板を予め張り付けて、この板を車輌に張り付けるようにしてみました。
これで車輌とカプラーを張り合わせるときに接着剤がまわり込むのを防げるかと。
で、白いプラ板を黒く塗って準備完了。

image-20141205190234.png

ヲキフの台車を現物合わせで削って取り付けるとこんな感じになりました。

image-20141205190305.png

それ以外の箇所は、車間短縮カプラーを使っています。

image-20141205190315.png

デキはこんな感じになりました。

image-20141205190338.png

サイドから見るとこんな具合で・・・ケーブルが目立ちますねぇ。

image-20141205190353.png

なので、付属のカプラーをこんな具合に削ってみました。

image-20141205190421.png

これにプラグを取り付けて、重連用の通電カプラーににてみました。

image-20141205190437.png

左が補機(先頭)の車輌で右が本務機(後方)の車輌です。

image-20141205190446.png

進行方向は固定で遊ぶ(モーター車が推す形)ので繋がっていれば十分です。

iphone/image-20141206140506.png

重連の連結間隔はちょっと長いですが、8軸集電の効果は絶大なので、このくらいの間隔なら十分です。

最後にヲキフの後部反射標識にこれを張り付けました。

image-20141205190458.png

なにせ、製品に付属のが・・・
完成した車輌は豪勢な製品のケースではなく、お菓子の空き箱へ収納しました。

image-20141205190509.png

持ち運びには向きませんが、自宅で保管して遊ぶにはこれで十分かな。

一応、動画もUPしてみました。



ヲキ・ヲキフの交換したスポーク先輪も問題ないようで一安心。
デキのパンタの塗装とか、いろいろありますが、まずは、この状態で遊んで様子をみようと思います。

次は機関庫をDCC用に改造かなぁ。


マイクロエース デキ200に【ESU loksound 4.0 micro】を搭載してみる 前編 [マイクロエース デキ&ヲキ・ヲキフ]

おはようございます。11月2回目の3連休、都内はまずまずのお天気になりました。
各地で紅葉も見頃を迎えているようで、午後から散策に出かけようかと思っています。

巷では鉄コレの機関車が盛り上がっているようですが、私は旬をとっくに過ぎているマイクロの機関車をイジってます。

まずは、分解したダイキャストの台枠を削ります。

image-20141124090836.png

続きを読む


マイクロエース デキ&ヲキ・ヲキフの走行確認 [マイクロエース デキ&ヲキ・ヲキフ]

こんばんは。今日の都内は日中は陽射しが暖かな小春日和でしたが、日が暮れると急に冷えてきました。

そろそろフリースが恋し季節到来。

このところ、モジュール上で秩父の1000系を動かしていたので、購入したままのこれを引っ張り出してきました。

image-20141114185928.png

一度、サウンドデコーダーを搭載できるかなぁ~って淡い夢を抱いたのですが、さすがにムリっぽいので諦めていました。

そういえば、鉄コレの茶色い機関車、かなりの人気のようですね。
来春には重連仕様もでるようですが、ウチはこれの重連です。

今回は、重連にする予定なので、1輌はT車としてみます。
まずは分解してみます。

image-20141114185957.png

モーターのスペースにスピーカーを搭載できそうです。

image-20141114190008.png

あと、ヲキ&ヲキフも一緒に作業してみます。
まずは、コレを使ってみます。

image-20141114190018.png

で、先頭車をM車、次をT車として走行確認をしてみました。



平坦線では牽引は問題なさそうです。

マイクロエース デキ&ヲキ・ヲキフ ブログトップ